Bluetooth、AirPlayスピーカーを探しに行き、「Bose SoundLink Mini Bluetooth ワイヤレススピーカー」を購入

今年は、MacBook Air、iPad mini、iPhone5s、会社でMacBook Proと本当にApple製品しか買っておらず、それはそれでつまらないもので、突然思い立ってスピーカーを買いに行きました。この記事は、久々のApple製品以外の商品レビュー記事です。

机の上で手元のMacBook Pro よりも音楽が楽しめるような環境が欲しいというのが理由で、Appleのサイトを見たら、B&Wという老舗オーディオメーカのスピーカーなどが5万円ぐらいで買えると書いてあったのでアップルストアに視聴しに行きました。B&Wというのは、いわゆるオーディオマニアが購入するオーディオブランドで、普通のオーディオのスピーカーだったら左右のセットで10万円以上のところからスタートするのですが、iPhoneをつなぐようなアンプ内蔵のデジタルスピーカーは、そんな高い値段では売れないので、もっと安く高級ブランドのスピーカーが買えるようになっており、じゃぁ、どんなものかと聞きに行ったわけです。

一応条件としては、

・USBスピーカーは買わない。(Macに有線をつなぐのがウザいし、USBポートは開発で使うので占有されたくない)
・なので、AirPlayまたはBluetoothスピーカー
・MacBookProのスピーカーよりも低音、高音が楽しめるようなもの。

MacBook Proのスピーカーは、MacBook Airとくらべて相当良いスピーカーが内蔵されているのですが、所詮は内蔵スピーカーですのでどうにも限界はあります。楽しむという領域というよりは、どうしても「聞ける」という範疇を超えないので、もう少し良いものが欲しくなりました。

いろいろ検討して買ったのが、比較的安めの「Bose SoundLink Mini Bluetooth ワイヤレススピーカー」でした。

Bose SoundLink Mini Bluetooth スピーカー

Bose SoundLink Mini Bluetooth スピーカー
価格:22,890円(税込、送料込)

どうやら結構、人気のスピーカーらしいようです。

まず、B&Wの5万円のスピーカーを聞いてみて、あんまりパッとしなかったのが正直な印象。机の上にスピーカーを置きたいので、大きいスピーカーはそれだけで設置リスクを伴うのですが、本当に良い音なら液晶モニタの前に置いて妥協するかぐらいの意識はあったのですが、そこまでではない印象だったので、それだったら小さいなら小さいなりの音を追求するべきかなと思いました。

つまりどういうことかというと、小さいスピーカーは明確に「そこで音が鳴っていることを意識する」ことになります。例えば高級なスピーカーの理想論は、その部屋の反響をも活用し、コンサートホールや録音スタジオの音楽を出来る限り再現する、というものなので、スピーカーがあたかもそこにないような音を奏でることが求められます。試しに有楽町や新宿のビックカメラのオーディオコーナーや、秋葉原の専門店のような沢山スピーカーが並んでいる中で視聴をすると、一体、どのスピーカーから音が鳴っているのかがよくわからないと思います。それに対して「小さいスピーカー」ではそれは不可能です。明確にそこで音が鳴っていることがわかります。多かれ少なかれラジカセで音楽を聞いているのと似たようなチープな印象は否めません。これは明確に音の広がりや、音のイメージに差が生まれているということであり、その前提条件の中で、よりよい音、より楽しめる音はどうあるべきか?!という選択をするわけです。

ですので、念のため書いておきますと2〜3万円出して音を追求するなら、BOSEのヘッドフォンなどを買ったほうが全然音は良いです。ヘッドフォンは耳を包み込むようにダイレクトに音を鳴らしてくれます。ただ僕はヘッドフォンが欲しかったわけではなくて、あくまでもスピーカーが欲しかったので、今回は、そういう前提で買っています。

例えば、これとか凄いいいですよねー。耳をすっぽり覆ってくれるので疲れにくいし、音がすごく良かったです。銀座のアップルストアで視聴できます。

なお一応、僕のオーディオマニア度を書いておくと高いオーディオは買いませんが、適切なコストパフォーマンスのオーディオにこだわるのは好きです。昔からピュアオーディオ派です。昔ながらのオーディオマニアの人にわかりやすい表現をすると、アンプが8万円、スピーカーがセットで9万円、CDPが5〜7万円ぐらいの機種で育ってきました。JBLのスピーカーに憧れています。再生ソースがJBLに適切ではないものしか持ってないので買えません。

そういう経験視点でイマドキのデジタルスピーカーを選んでみたところ、B&Wに5万円を出すのは、ちょっともったいないかなと思った次第。ただ、後から考えるとアップルストアの視聴環境は最悪に近いので、それもあったかもしれません。ただいずれにせよ5万円という支出に対して、心のいいねボタンを押すような感覚はなかったです。

そうなると、コンパクトスピーカーとしての妥協とバランスがセットで、「使い勝手の良くて、音楽が楽しめそうなスピーカー」ということになりまして、それがBose SoundLink Mini Bluetooth スピーカーだった次第。

音は、このサイズとは思えないようなBOSEらしい低音と、iTunesのイコライザーで調整してあげれば低音と共に、とても綺麗な高音も出てくれます。MP3やAACのような圧縮ファイルを再生するなら、十二分に再生できるし、想像以上に、音の厚みも楽しめます。さらに、サイズが小さいので作業環境を邪魔しません。

このスペースvs音質比で考えると相当お買い得だと思います。また電力はリチウムイオン電池によるバッテリー充電で動くので、会社やイベントなどにも持っていくことができます。iPodやiPhone、MacBookとは、Bluetoothでつなぐので完全ワイヤレスで音楽を鳴らせるわけです。なおバッテリーは7時間再生できるそうなので、iPadなどと組み合わせても使い勝手はよさそうです。

実物の写真がこれ。後ろにあるのが23インチの液晶モニタなので、机の上においても全く邪魔になりません。少し明るくしようとグリーンのソフトカバーをつけました。
bose1229

もしPCやiPhoneの音楽を家で鳴らしたいと思ったら、これオススメです。値段的にも2万円ちょっとなので、安い1万円以下のスピーカーを買うなら、少し検討してみてはいかがでしょうか?!申し訳ないけど1万円以下の神スピーカーと言われるオラソニックと比べて、低音の解像度や高音のキレイさのポテンシャルは比べ物になりません。

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください