改めてツイッターを楽しむために、フォローダイエットのすゝめ

2007年〜2009年の頃からツイッターを始めた方々、今もツイッター、楽しんでいますか?!

僕はいろんな生活パターンが変わり、Facebookに多くの時間を割くようになって結構Twitterから離れています。理由はツイートをし過ぎるとフォロワーが減っていくという事実が昔のようにツイッターを楽しむ抑止になってしまってることと、もう1点、フォローしているユーザーが多すぎて、タイムラインのスピードについていけないというのがあります。

最近主流のツイッターのアプリは、「前回の未読位置から、最新までの全てを読めるように追いかける」という仕様になっているのですが、ツイッターのアクセス頻度が下がれば下がるほど、一度に表示されるツイートが多くなり、結局、「全部ツイートを飛ばして読めない」という状態になって、あんまり楽しくないまま、また次回来ると全部スルーせざるを得ない状態になっていて、正直言って、あんまり楽しくないんですね。

そうは言っても、地震が来た時や話題のテレビやイベントの時にはツイッターはさすが有用で、これがツイッターの人が言っていた「Twitterはリアルタイムニュースネットワークである」の力か!と。

前まで携帯でのツイッタークライアントをやっていたこともあり、SNS的な用途でツイッターを楽しんでいましたが、僕はもちろん、2007年、2008年当時、つながっていた人たちのアクティブ率が下がっていることが予想される中、アクティブである人と、そうでない人の「単位時間あたりのツイート数」に差が大きくなっていると、「自分にとって、今、有用だと思う数少ないツイート」を発見するのが難しくなっています。なにせ全部飛ばしちゃってるんだから見つけようがない。

これを改善するためには、自分の「ツイッターの利用頻度」にあわせてフォローしている数を整理し、理想を言えば、アプリを開いた時にタイムラインの新規のツイートを「全部読めて」、そして「ちょっと物足りないくらい」が、次回、またアプリを開く原動力になり、改めてツイッターを楽しめるようになるハズなのです。

つまりフォローしているアカウントをダイエットしましょう!

これまで2600ほどのアカウントをフォローしていたのですが、目標は300アカウントぐらいに絞りたいと思い、比較的ドラスティックにフォローを外させてもらいました。

そこでの基準としては、

1.Twitterは「リアルタイムニュースネットワーク」だから、自分が今興味がありそうなネタを発信している人に絞る。

2.自分よりもエライと思う人で読みたい人は割と優先して残す。ニュース性の肝は「階級差」みたいなものが入り口にあるハズです。とは言え、結構外しました。
エラい人のネタはRTされてくるので、また後から再フォローできるハズ!

3.Facebookで繋がってる「友達」で、FBがアクティブそうな人は思い切って切る。それに対して、微妙に距離が離れてる人は逆に残しておく。(かなり適当に判断してます。)

4.もはや動いてるだけの鮮度が低いbotは外す。秋元康bot?とか。

数値目標を前提に動きました。というか数値目標が大切です。

何故かと言うと、あのアカウントいる、あのアカウントいらないという作業は、ある意味、非情な作業でありますが、一人一人を細かく見ていくと情が出てきて外せなくなっていきます。だから数値目標にあわせて外していくわけです。

もし面白いツイートをしているなら他の人のRTから到達するので、またフォローすればいいハズ!です!

ちなみに、2600人のフォローを再構築するのは結構大変な作業で、ツイッターのサイトやアプリは、これほどのユーザーを一覧できるようにはできていません。特にPCのブラウザは下にどんどんつながって出てくるので、ブラウザが重くなって全員の表示は不可能です。

ツイッターアプリは、iPhoneアプリであればUITableViewというスケーラビリティの高いテーブル表示を使っているので、ブラウザほど負担は大きくないハズですが、画面も大きくて、操作がやりやすいと思ったiPad版は、やっぱり沢山のユーザーを表示すると遅くなっていきます。仕方ないのである程度、iPhoneで数を減らした後に、iPadに移行して作業を続けるという手をとりました。

また、iPhoneアプリ、iPadアプリ版共に、リムーブ確認のダイアログの動作が緩慢で、イライラしながら「作業」をしていくことになります。だから、ついつい外しすぎた人もいるかもしれません。これは先に謝っておきたいと思います。終わらないと寝られないという感じで、これホントに「作業」でした。多分、ここでまーいいやと諦める人が沢山いると思います。

多分、フォロー外す作業を3時間ぐらいやっていたような気がします。昔、この管理をするだけのアプリを作りたいと思ってたんですよね。右スワイプ、左スワイプでリフォロー、リムーブするようなインターフェースのアプリ。

で、最終的には、現時点で716アカウントになりました。

目標の300を大々的に超えています。比較的最適化されたと思ったら、まだ2倍以上のアカウントをフォローしています。

もう少しドラスティックにやらないといけないので、しばらくタイムラインの様子を見ながら、次なる基準を設けて、またやりたいと思っています。

これでツイートの流量がどうなったかというと、やっぱり、まだツイートが多すぎて読むのを飛ばしてます。
数時間後にアプリ開いた時に200個ぐらいのツイートが新規に出てくる程度が、読みたいと思う限界かなぁ。今はまだ、朝起きた時に1000個ぐらいツイートが出てきて、読むの無理!って感じです。

なお、フォロー外すのに、もったいないお化けな気持ちが出てくる理由として、上記でいろいろ書いているものの、現実には、一度フォローを外すともう二度とそのアカウント名に到達しないだろうなと思う人が沢山いるんですよね。すごくツイッターがアクティブでもないし、ネタがRTされるわけじゃないし、FaceBookではつながってないんだけど、ネット業界としてはつながっておきたいという、SNS性の部分がフォローしているアカウントを捨てきれてないというのが正直な所です。

ということでオチとしては、まだまだドラスティックに行くのは難しいぜ!ということでした。

でも、その先に、ツイッターを改めて楽しめる世界があるはず!と思っています。もし同じようにツイッターを再活性化してみたいなら、フォローの数を整理して、「自分のペースにあわせたタイムライン作り」を是非オススメしたいと思います。

p.s.と書いておいてなんですが、僕のフォローが沢山の人から外されると寂しいわけで、なんとも言えない部分ではあるのですがw
是非、僕のツイートにご興味ある方は、@fshin2000 をフォローして下さいね!ご迷惑にならない程度に、有用に思ってもらえるツイートを出来る限り心がけています。

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください