ストックの生活とフローの生活のバランス

ストックのある生活とは、その時間の使い方がなにかの目的に向かって蓄積されている時間の使い方のこと。

例えば、

・勉強する(受験や学位を取得する)
・仕事をする(会社を成功させる。昇進、昇給する。)
・恋人と時間を過ごす、家族と過ごす(時を共にする人との関係性を紡ぐ)
・友だちと遊ぶ、喧嘩する、議論する(長い人間関係の構築)
・運動する (何かの大会を目指す。健康を保つ。)

など。

それに対して、フローの生活はもっと刹那的である。
ある意味刺激的だったり、人の寂しさを埋める時間であったりする。大体が、お金を使う生活とも言える。

・お客としてキャバクラ等に飲みに行く
・車で走りに行く
・風俗等で遊ぶ
・ゲームセンターやパチンコで遊ぶ(プロを除く)

などなど。

自分も一時期、会社が終わった後の深夜に大学院の論文を漫画喫茶で書いて、その後にゴールデン街に飲みに行くという生活を送っていた。
抽象的に表現すれば、ストックとストックをこなして、フローで精神的な疲れを開放させるという試みだったように思える。

ストックは、己の能力の限界とのチャレンジとも言える。有名なピーターの法則という言葉がある。

ピーターの法則(wikipedia)

1.能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。したがって、有能な平(ひら)構成員は、無能な中間管理職になる。
2.時が経つにつれて、人間はみな出世していく。無能な平構成員は、そのまま平構成員の地位に落ち着く。また、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は、無能な人間で埋め尽くされる。
3.その組織の仕事は、まだ出世の余地のある人間によって遂行される。

基本的にはどんな職業においても、どんな役割においても、無能になりゆく自分に対して、その先の道を作るというのがキャリアを広げるということだと言える。

それは結構疲れる。そもそも己の限界に向き合うという機会は、相応に残酷な時間とも言える。スポーツ選手ならカラダの限界と言われるが、知的労働者は脳の回転の限界を知る。

それに対して、フローはムダな活動とも言われる。実際そのためにはお金が必要なことが多いので、刹那的な活動とは、お金の無駄遣いそのものとも言える。

しかし、人間、そのような活動は依存しない程度には必要だとも言える。何よりフローの中で、新しい人間関係が生まれて、ストックになりゆくきっかけが生まれていくこともあり、あながちバカにできないところもある。

都会に住んでいると、ストックとフローの距離がとても近い。何故そうなるかというと、当然、都会がストックの集積地だからだろう。

このストックとフローのバランスを崩すとお金がなくなったりする。闇金ウシジマくんには、そんなことで身を崩した人たちの話でいっぱいだ。

人間、理想はストックに向かって突き進むことである。オタクと言われる部分をしっかり持っていることで、周りからはフローともストックとも区別のつかないことに邁進できる人たちがいる。

正直、自分はそういう人を羨ましいと思う。

自分はストックとフローは適度なバランスで必要になるようだ。ただしフローだけになると突如不安に襲われるリミッターを持っているので、身を持ち崩すことは絶対にしないタイプだとも言える。

BASEでショップオーナーさんの支援について考えているとつくづく思うが、ネットで成功する人たちはとにかくストックの行為を地道にやれる人が強い。とにかくストックとして自分の時間を費やすに値する型をつくり、そこに己のリソースを集中させることができた人が強い。その状態を「軌道に乗った状態」と呼ぶのだろう。

そこそこ、お金を持ってしまった人たちは、フローに費やす時間とお金を持ってしまっているので、フローの方にリソースを傾けてしまってストックに費やす熱量がなくなってしまったりする。それならと、若い人たちにチャンスを傾け、お金の力で己の枯渇するストック魂を満たそうとする人も少なくない。それはそれで若者への可能性を提供することになるので悪くないと思うが、ストックとフローのバランスはしっかり持ってないといけないし、そのバランスは己の熱量や興味によって、人それぞれ適切なバランスがあるんだと思うので、他人との付き合いなどによって、このバランスを壊してはいけない。

昔からダメ人間と言われる人たちはフローの比率が高い。フローのために働いている人も少なくない。そのような形にすると働く行為においてもストックが溜まっていかないので、いつも枯渇したままになってしまってよくない。

よく仕事は「好きなことをやるのがよい」「1日8時間という人生の重要な時間を費やすに値する方が良いよ」と言われたりするが、ストックとフローのバランス理論から考えると、フローに傾倒しすぎるとストックが溜まっていかない。ストックを自分自身にとって前向きにこなすためにも、自分が興味あることじゃないとできないよ、と考えれば、まぁそういうことなんだろうなと思う。

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください