インターネットで相手にされないマズさ

ネットで突っ込まれすぎて困っている人の悩みをtwitterで見ることがある.

逆に,僕自身が,この人にネットで突っ込むにはいささかマズイと思ってしまう人もたまに見る.

どっちがいいんだろう.前者は「起きる事象」後者は「起きない事象」

前者は本人が嫌だと感じているのであれば嫌なんだけど,後者は本人が気がつかない.気が付かないのが一番の問題

何故,ツッコまないかと思うと「面倒くさいことになるのではないか?」という恐怖感が個人的には大きい.あと,「この人に言っても無駄」認定したらあんまり言わないかな.

僕の書き込みも「うぜー」と思って無視されたりfacebookでフィードをオフしたりしてるんじゃないか?と思うと悲しくなったりしてw

「ツッコまれビリティ」というのは,「その人に甘えている」と考えることも可能.悪口みたいな発言をしても,この人なら受容してもらえるんじゃないか?という部分はゼロではあるまい.僕はそっちの方が好きかな.

だからと言って,なんでもかんでもやっていいかというとそんなことはない,,,,が,インターネットの場合は,「情報が出現して初めて意思の存在が認められる」というものなので,一考の余地はあるかな.

つまりリアル自分の評価とか全然関係なく,相手の思考をインスパイアさせインターネット上に反応を表出させたもの勝ちなわけです.これは特殊能力であり特殊事象であると考えるほうが望ましい.

それはそれで一つの才能かなって思いますね.

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください