最近、炎上を狙うためにブログを書いてる気がしてならぬ

その昔、2003年頃には、動画のCMSを開発している仕事をしていた。

当時、そこにいたメンバーで思っていたこととして、HTMLなんて誰でも書けるから、HTMLをテンプレートで出力できるようにするシステムなんて価値がない、なんて話をしていた。むしろテンプレートにすることで融通が効かなくなり、一定以上のカスタマイズをするなら、オーダーメイドで作ったほうが良い、と、典型的な受託型思想で自分たちのプロダクトを捉えていたのを思い出す。

ところがMovableTypeを始めとしたブログシステムが出て、HTMLはほとんど人間が書くことはなくなった。HTMLはテンプレートの形で隠蔽され、文章だけを書くフォームを使って、CMSであったり、はたまたTwitterやFacebookのような簡易なフォームで情報をアウトプットするような時代になった。

これを、相対的にHTMLを書くことの価値が上がったと定義する。価値が上がったとは、相対的に、HTMLを書けない人が増えたということを意味する。

その後、ブログが流行り始める。ブログが始まりだした黎明期は、日記のように日常をインターネットに晒すような使い方が多かった。その後、ブログシステムを使った情報発信は、主流になり、いつしかプロブロガーなる仕事の手段になったり、オウンドメディアやブログメディアなど、そこから生まれるお金が増えてきたりして状況が変わっていく。

その一方で、当時書かれていた日記のようなものは、FacebookやTwitter、もしくは、それ以外のクローズドなメディアに変化していく。

一方、ブログを続けることにおけるリスクは上がったようなきがする。昔より気軽に書けなくなったし、書かなくなった。その理由として、人に注目されるためのコストが上がったことが考えられる。RSSリーダーなどで購読してくれる人が減った以上、はてなブックマークや、ソーシャル、場合によってはニュースアプリなどを通じて認知を作るためには、人から注目を浴びなくてはいけない。

ある意味、自分流を貫いて炎上するぐらいの心構えが必要だとも考える。その代わり、おそらく、メガヒット級な記事を書くと、幅位広い層に、自分の意見が伝わるようになったのではないだろうか。その状況にあわせて、ブログに記事を書く場合は、如何に、沢山の人の目に入るようにして、かつ、自分の意見を貫き通すか?と、炎上チキンレースに参加するようなメンタリティで記事を書いているような気がする。

これを相対的にブログの価値が上がったと定義する。「炎上のしやすさ」が、ブログの価値なのか?というのは一見本末転倒かもしれないが、幅広い人達に自分の意見が知られることで、何が起きるかわからないという不確実性を楽しんでしまっている自分がそこにいるような気がしてならない。

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください