ネットに実名で発信することは情報の信頼を増すのだろうか?

ざっくり言うと:

・仮にネットで実名でグルメ情報を発信することと、その人が味音痴であることや、性格上、ステマやトレンドに釣られやすい人間であるかとは無関係である。

・でも、その人がグルメライターだったら、実名で情報発信する場合、もしトンチンカンな発言をしたら職を失う可能性があるので、実社会上の立場と連動するのであれば、一定数、情報の質は期待できる。

・つまり実名であることが、情報の信頼に影響をおよぼすのは、実名を明かすことが本業等とリンクする場合のみで、それ以外は無関係。

・そもそも実名を明かさなくても十分、発信された情報に対する信頼を得られることは明らかなので、実名であることがプラスに働くことがあったとしても、結果として得られているネットの評価の中に内包されているので、実名か否かを気にする必要はない。

結論:
匿名であることで情報の質が信頼できなくなることは間違いないが(それは2ちゃんねるで、スレッド内での発言の一貫性を確認するためにトリップが使われることから明らか)、実名なら信頼できるかというとそういうことではない。あくまでも情報の内容を、情報の受け手がどう評価し、何にベットするか?の話でしかない。

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください