ネットで重要な「望ましい」「望ましくない」「どうでもいい」という3つの評価

僕のTwitterアカウントって、とある理由があって19万人ぐらいフォロワーがいたんですね。

とある理由ってのは、Twitterが国内でまだ黎明期のタイミングで、モバツイ作者としておすすめユーザーの一人に選んでいただいたから。フォロワーが一日1000人ぐらいずつ増えていきました。

そのうち芸能人などの社会的認知が先にある人がおすすめユーザーに入れ替わって、フォロワ増加バブルは終了。

自分の力で増やしたわけではないフォロワが増えたあとどうなるかというと、フォロワ減少の波にトレンドになります。

なんと、ツイートをするたびにフォロワが減るんですね。

フォロワを減らしたくなければ、ツイートをしない方がいい、という本末転倒な状況が観察されるようになりました。

フォロワ数を気にしなければ良いじゃん、というのは簡単な話ですが、Twitterはフォロワ数をインジケータとして、ユーザーの評価に繋がっているサービスです。UI上からも気にならないハズはありません。

かくして、この状態に慣れるまで、自分の中でのツイッターのアクティブ率が減ることになりましたが(今は復活)、この経験からいろいろ考えることになりました。

ネット上の情報発信について必ず起きていること

ネット上で何か情報発信をした時には、その情報を受け取った人は、このような判断をしているのだと思います。

・望ましい情報である
・望ましくない情報である
・どうでもいい情報である

「望ましい情報である」場合は、そこから更に一定割合でRTやFavなどが返ってきたりします。
「どうでも良い情報である」場合は、無視されるので特に何も起きません。
「望ましくない情報である」場合は、フォロワーが減ったりします。最悪、ブロックされたりするかもしれないです。

僕は、この判断は、すべての情報発信について、情報の受け手が常に行っている判断ではないかと考えています。

この判断は、炎上の状態でも起きていると思っています。

炎上と言うと、ものすごくネガティブな反応が連鎖する現象のように見えますので、被炎上者は、一斉攻撃されているようにも見えるかもしれません。それ故に、ついついアカウントを消してしまったりします。

確かに、気持ちが萎えてしまったり、社会的立場を脅かされる場合は、アカウントや書き込みを消したほうが合理的なので、そのような行為にでます。仮に、情報を削除したことを一部の人に非難されても、情報が閲覧される状態を維持するよりはマシです。

しかし、現実には、炎上状態の情報伝達の差異にも、「望ましい」「望ましくない」「どうでもいい」の3択は行われていると思います。炎上が起きるネタは、突っ込まれやすいネタであるので、「望ましくない」という判断をする人が多いのは当然のことなのでしょうが、きっと、その一部において「望ましい」もしくは「どうでもいい」と思っている人はいるハズなのです。

全員が同じことを考えるなんてのは、おそらくありえないことですので。

ただネガティブな反応で、「よく燃えている状況」、というのは、ネット上には、ネガティブな意見が多く出てくることになります。これを評して「ネットいじめ」などと表現されたりもします。

このような状況においては、仮に閲覧者が、炎上発言を「望ましい情報」だと思っても、そのことを表明するのは合理的ではないです。よくいじめられてる場で、みんな無視してしまうと言いますが、そういうのと同じです。ネットでは「業者乙」などと言われてしまうわけでして。それ以前に、そもそもポジティブな意見というのは、あまりバズの連鎖は起きないので、ネガティブな意見ばかりが目立ってしまうのは仕方ない状況と言えます。

そして「どうでもいい情報である」と思っていう人は、そもそもどうでもいいわけですからネット上では反応を観測することはできません。

それは、広告の99.9%のクリックされない、その他大勢の人みたいなものです。

余談ですがアドブロックは、広告を「望ましくない」と思う人に、広告枠そのものを消すという選択肢を与えました。ただ、ほとんどの「どうでもいい」人には、アドブロック自体もどうでもよかったようです。現状は。

炎上を情報のデリバリの機会として捉えてみる

もし、「望ましい」「望ましくない」「どうでもいい」という3択が、全ての情報閲覧者によって行われていると仮定するのであれば、炎上などのネガティブな意見の伝搬を、情報のデリバリの機会と見立てることも可能です。

多少ネガティブなラベルはついているものの、沢山の人に自分の情報を閲覧してもらうための手段として捉えるのです。

もちろん、それによって否定的なレッテルが貼られてしまうこともあるでしょうが、それに負けないでいる人たちを見ていると、どうも世界が広がることがあるようだということが見えてきました。

多分、その根拠となるところは、普段の発言レベルで到達可能な範囲が他人の手を借りて広がるところかなと思っています。

つまり、

「自分を知らない人の方が世の中に圧倒的に多い」

というのが基本的な考え方になるのだと思います。よく焼き畑農業のようになるという表現をする人はいますが、それよりもまだまだ圧倒的に世間の方が広い、というのが、このロジックの前提条件になると思います。まあまて。そこまで積分してしまうのはまだ早い。

故に、炎上発言においては、見捨てる人の数よりも、新たに出会う数のほうが多いのではないかと思います。それなら、多少情報発信が炎上しても、沢山の人に目に触れる方がトータルでメリットが大きいということになります。

炎上発言をしても、生き残る条件

しかし、この時に一番大切なことは、「自分がめげない」ことと「社会的立場を失わないこと」。この2点に尽きます。

それは最近あった、女性向けサービスの執行役員の方の失脚の話もありましたし、藤代さんのジャーナリスト発言では、大学の話に言及が行っていたのが気持ち悪いなと思ってみていました。ハッカソンの件も実名がでちゃったのが可哀想でした。また、いわゆる電凸のようなものは、まさにこの社会的立場を失わせる部分への言及です。彼らは、ネットでの人(=アカウント)の殺し方を知っているようです。

否定的なレッテルに負けなかった人という意味では、池田信夫さんなどもいらっしゃいますが、それよりもわかりやすい例として、僕はイケハヤ氏を結構、凄いなと評価しているのですが、それは彼のユーザー獲得のストーリーがこんな感じだったからです。

1.極端な意見を発信し、それに反応する有識者の負の関心を踏み台に、認知を広げる。

2.確かに彼を見捨てる人も増えたが、それ以上に認知が増えた。

 仮想的なコミュニティにおいて「新規獲得数 > 退会数」が成り立っている状態と言えるでしょう。

3.で、増えた認知を踏み台に、弟子もできたし、有料サロンも儲かってるらしい

ということですね。一言で言えば、世の中の価値観は多様だということでしょう。

そこで彼がすごいなと思うところは、嫌われることをあえて選択し、かつめげずに情報発信をし続けるどころか、周りに喧嘩まで売ったり、地上移住までしてネタを増やし続け、新たな価値観をアピールし続けた。

結果としての、多数の「新人ファン」の獲得。

ただサロンに移行してブログのPVが落ちたとのことで、新規流入動線が弱くなることで、3.にも影響が出ることは懸念します。

常に新人がいることを意識する

「常に新人がいる」というのは、あらゆるビジネスにおいて意識しなくてはいけないことです。それ故に、あれだけのビッグネームであるコカコーラなども、世界中で広告宣伝を続けているのでしょうし。

これが広告宣伝を辞めた瞬間に「物心ついた新人さん」である子供の順番から他の飲み物に乗り換えられる余地を与えてしまいます。

それは10年後のビジネスを脅かすことになるでしょう。

世界中には、ところてんのように常に若者という新人が市場にデビューしてくるわけなので、その人達の認知獲得には力を注がねばなりません。

イケハヤ氏に話を戻すと、ブログで炎上しないと、お弟子さん達が新規流入動線を補完するぐらい育たないと、いずれ先細ってしまいそうで心配です。もちろん、有料サロンのプラットフォームという市場でメリットを享受していくだけかもしれないですけどね。そこは僕にはわからないので、それが成功したら素直にファーストペンギンの人たちに拍手しましょう。

ただ、現状思いつく有料サロンに行くデメリットとしては、「彼の発言を望ましいと思う人」しか見てくれないという問題があると思います。

これは信者ビジネスとして、本人にとっても戦い疲れた癒やしにはなるかもしれませんが、先ほどのロジックで言う、新規流入の重要な要である、「望ましい」「望ましくない」「どうでもいい」という3つの価値観が存在する中にネタを投下して、「望ましい」と思う人を獲得していかないと、新規流入動線の先細りに繋がるのではないか?という懸念です。

彼が情報発信を減らしたのは商機があってことだと思うのですが、単純に、頑張り疲れたというのであれば、少し心配です。

繰り返しになってしまいますが、これまでのユーザー獲得ストーリーとしては、彼は賛否両論の記事をインターネットという大海原に投下し、「望ましい」「望ましくない」「どうでもいい」という評価を常に受け続けていく必要があると思っています。

これらの成功モデルが陳腐化していく未来も、それはそれで面白いのですけどね。
ただこれってリスクを取らないとリターンは得られないと言ってるのと同じだと思うので、どうなんでしょうかねぇ。今後が楽しみです。

ただ、楽しみと言ってもインターネットが分断されていって、何がうまく行ってるとか見えなくなるのが一番嫌ですねぇ。せっかくスマホでオッサンも若者も世界が一つになったのに。

# ちなみにイケハヤ氏養護とか、そんなことを書いてるわけじゃなくて、頭のなかでは別に考えていた話をイケハヤ氏ネタに振って、ブログと言う公開情報として書くという、よくあるパターンをやってます。まぁどうでもいいネタばらしでしたね。すいません。

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください