わかりにくいOffice 2016 とかOffice Personal Premiumとか + Office 365の理解の仕方

Officeが2013から2016に世代交代してしまいましたが、新たに購入したPCにバンドルされてたPersonal Premiumとか言うのにパワポがついてなくて、どうやった買い足せばいいかを調べた。

そもそも「Office 365」というのがよくわからなくて、さらにSoloだのPremiumだのグレードが謎すぎていたのでチャット聞いてみた。

まず「Office 365」とは、なにがしかのsubscriptionプログラム。

Office 365 Soloは、OfficeアプリケーションそのもののSubscription(定期購入)のプログラム。そのため年間ライセンスは安いが、お金払うのやめるとアプリが止まる。

支払いは年払いもしくは月次でも払えるので、アウトソースの人が常駐するから、3ヶ月だけOfficeが必要という時に便利。

PCにバンドルされてたのが「Office Personal Premium + Office365」。そのうち「Personal Premium」についてはこれまでのOffice同様、買いきりライセンスのOfficeが入ってる。Premiumだとパワポ入ってるが、Personal Premiumだとパワポが入ってない。これまでのライセンスと、一つ違うのは、今後Office 2018とかでてもアップグレードできるらしい。もうOfficeは完成品扱いで、メンテナンスリリースしかしないんでしょう。それはそれで大切なこと。

「+Office 365」は、おまけみたいな感じで、ライセンスが拡張されたりOnedriveやskypeが使えるようなクラウドライセンスがついてる。

なのでPersonal Premiumにパワポを買い足す場合は、単体のパワポを買い切りライセンスで購入した方がいい、という結論になります。

まとめ

■年間コストを安く。でも支払い続ける覚悟がある方。囲い込まれるだけあってOSをまたいで幅広く使えます。

※「Windows、Mac、iPad、Android、iPhoneでお使いいただけます。」だそうです。1ライセンスで2台(最大2OS)まで。

■最初は少し高いけど、最新のOfficeを1回払いで使い続けたい方

■Personal Premiumにパワポを買い足したい方

■まだまだ古いので十分だぜ!という方

(上にも書いたとおり最新版のアップグレードができなくなるのでオススメしないです)

■MacのOfficeも世代交代しちゃいましたね。パワポ、Excel,Wordが必要ならこれを買え。

追記:タレコミがあって、Office 365 Businessという法人向けパッケージがなにげに美味しいということがわかりました!

Office 365 Soloと同じ、OfficeアプリそのもののSubscriptionサービスなのですが、PCとMac、タブレットなどで5台の機械にインストールすることができるそうで、かつ余計なクラウドサービスがついてない。複数のマシンを使い分けるならこれが一番お得らしい。年間払いで10,800円

Amazonで買えるパッケージがないので、Office Onlineで購入!

Office 365 Business

【PR】BASE株式会社 17職種、仲間を絶賛募集中!