仕様書、論文、企画書、フォーマットの意味

「適切な書類フォーマット」とは、その書類の目的に対し、書く人の思考が正しく整理できてないと書けないフォーマットのことである。

書類フォーマットに沿って書かせるというプロセスを通じた人材教育という観点があるんだけど、アジャイル的な概念が悪用されてるパターンでは、この辺が面倒くさいと回避する行為に使われてるんではないだろうか?

最近、ちらほらそういう話を見かけるね。

アジャイルなどの改善プロセスの基本設計思想はエンジニアが手抜き、楽するための手段ではない。「しっかり仕様書も書ける人が、無駄なくスムーズに仕事を進めるための手段」だと思います。

○○はダメだという論のいくつかは、人材の揺れに影響されて話がぶれてる気はしますね。理想論、マッチョ過ぎてもダメ、低きに流れすぎてもダメとは思いますが、そこが難しい。極論ラバーなネットでは、そういう芯を持ち続けるのって難しい。最終的には、みんなができるか?になってマジョリティに影響されるってのは仕方ないとは思いますが。なんか言論権力闘争みたいになっちゃったりすることは多々ある。

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください