slackで一言日報

日報ツールってあるじゃないですか。開発者だとqiita.teamが評判ですね。qiita.teamはもっと幅の広いツールですが、gambaのように完全に日報に割り切ったものもあります。

ただ最新のツールって結構、値段が高いんですよね。多分、githubあたりの値付けが影響してると思うんですが、1人x数百円って相応のコストになる。有料メルマガと同じで1つ借りるだけならいいんだけど、どんどんトレンディなツールが出てきて、みんなが褒めるもんだから気になっちゃって、githubだ、slackだと、2つ3つ借りてくと毎月、相応の出費になる。

もちろん相応のリターンがあれば、そんなの大したコストではないのですが、

マインドスコープを経営してた時は、日報ツールにペパボのGroupTubeを使ってたんですが、あれは月840円、500アカウントとかでしたっけ?
結構安かったんで、どうしても気後れする。。。(もうGroupTubeなくなっちゃったんですが)

僕の日報の歴史で言うと、

・社内MovableTypeに備忘録として日報を書いてた(自分用)
・ペパボ時代は、GroupTubeベースの社内SNS
・Mindscope時代は、GroupTubeを借りてた
・1人で作業してた時は、wri.peに日報メモ(ctrl+Sがうれしい!)
・モイにいたときは、自社製?の日報ASPを使ってました。(モイはサイボウズマフィアチームだから、その辺強い)

とやってました。まぁ要するに、さくっとメモができて、簡単に共有できて、閲覧しやすくてコメントつけられて、みんな書いてくれればそれでいいのです。

qiita.teamに日報フォーマットってのがあって、そこにあわせて書くと日報ぽくなるってのがあるんですが、これ、実は当時使ってたペパボの社内SNSと全く同じような機能でして、要はSNSはあくまでSNSなんでフリーフォーマットだから、日報テンプレートを呼び出してるよって意味なんですが、フォーマットはだいたい同じ。

日報のフォーマットはこんな感じでしょうか、

・今日やったこと
・明日やること
・所感

管理者視点で言うと、一番大切なのは、「所感」だったりします。
タスク自体は、別に日報じゃなくても全体的に管理してるなら、そんなに重要じゃなかったり。もし、朝会やってるなら毎朝聞いてると思います。

ということで「所感」だけ欲しいんだったら、slackに流せばいいじゃない!

(僕が入社した時には、既にslackがあったので)

大切なのは、「今何を考えてるか?何かを困ってるのか?何に問題意識を持ってるのか?」ってことなので、それだけだったら140文字もあれば十分。
ということで、slackにチャンネルを作って、一言日報を共有する取り組みを始めています。

最初の一歩としても大切なのは、そういう場所を用意して、書くこと、だと思っています。

ちなみに、ペパボ時代の僕を知ってる人ならご存知の方もいると思いますが、僕自身が日報を書くのが苦手、です。
ブログやTweetに思いついた時に、思ったことを書くのはできるんですが、フォーマットに従って何かを書くのが苦手みたい。書くことが思いつかない。その辺の計画性のなさが、学生時代の偏差値の低さにつながってたんだろうなぁと思うぐらいダメ。

でも、僕が日報嫌いだから、やらないってことはなくて、とりあえず今日あったことや思ったところを書くところ、読むところの習慣付けから。

さすがに一言ぐらいは捻出できるでしょ。今日は思いつかない、でも全然いい。何故思いつかない、のかってのを1秒でも考えてくれればありがたい。

だから、書いてね。(初日から全員集まってないw)

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください