2014年度版、SEO対策の動向と基本。検索に強いサイトを作りたい人へ

インプレスさんから献本いただきました。

この本は邪悪なSEOの本ではありません。Webサイトを適切にお客さんに届けるための、あるべき姿のSEO対策が書かれた本です。

「いちばんやさしい新しいSEOの教本 〜 人気講師が教える 検索に強いサイトの作り方」

モバツイやってた時は、長らく何せGoogle検索クローラを排除してましたから、僕のSEO知識もカラメルを作ってた頃で止まっていて、だいぶ知識が老朽化していて、ヤバイことがわかりました。

最初の方を読んでいて、サイトのキーワードをどうやって選定するか?!という部分から、もうウズウズしてくるハズです。
わっ今すぐ見直さなきゃ、やらなきゃいけないことが沢山増えた!、と。

キーワード選定のようなコンテンツの部分はもちろん、テクニカルな面でもスマホサイトとPCサイトの兼ね合い、タブレットどうしたら良いの?!OGPとかもね!とか、いろいろありますわ。ページングにも適切な情報を書かないといけなかったのですね。その他、URLの設計とか階層とかリダイレクトとか、改めてエンジニアの人もしっかり読まないといけないですね。

Google検索クローラもどんどん進化していますから、傾向が変わったものもあれば、便利になったので知らないともったいないテクニックなども存在します。

最近はWebサイトの文脈も判別できるようになり、「類似業種」の検索結果の精度がだいぶ変わっていることにお気づきでしょうか?!

そういう変化を理解し、しっかり自分たちのサイトを改良していかないと、単純に損をします。
著者のアユダンテさんがSEOのコンサルをやられているので、ブランドサイト、ECサイト、などさまざまな業種に対する配慮もしっかりなされて記述されているのも良いですね。

しかし、読んでると想像以上に緻密で丁寧に仕事をしないといけないですね。
2014年度版の最新情報が掲載されているこの本をしっかり読んで、がんばろう。

細かい内容は書きません。SEOは検索エンジンの向こうにいる人に、どう情報を伝えるか?!という行為です。
それをコンサルしている彼らが書いている文章は、一言一言が丁寧でありがたい。まずは、この本を立ち読みでもしてみてください!的確で充実した内容にも関わらず、その読みやすさに驚くことでしょう。プロのノウハウがこれだけ注ぎ込まれていて、たったの1,580円。一冊、持っておいて絶対、損無いですよ。

「いちばんやさしい新しいSEOの教本 〜 人気講師が教える 検索に強いサイトの作り方」
◆Chapter 1 SEOの目的と考え方を身に付けよう
◆Chapter 2 Webサイトの目的と訪問者の目的を考えよう
◆Chapter 3 有効な検索キーワードを調査しよう
◆Chapter 4 業種別に最適なサイト構成を考えよう
◆Chapter 5 適切な内部対策でSEOの効果を高めよう
◆Chapter 6 質の高い外部対策でWebサイトの価値を高めよう
◆Chapter 7 ソーシャルメディアからWebサイトに集客しよう
◆Chapter 8 技術的な問題を解決して優れたWebサイトを目指そう
◆Chapter 9 SEOの効果を分析してさらなる改善を進めよう
・付録 1 業種・ジャンル別キーワード一覧表
・付録 2 サイト全体のテンプレート一覧管理表
・付録 3 今すぐ使えるSEOのRFPフォーマット
・用語集

【PR】ご意見、感想などは是非、mstdn.fmのローカルタイムラインでお聞かせください